介護の求人を探すにはどうしたら良いのか

介護の求人は沢山の媒体があります。求人誌にはいつものように載っています。介護専門の求人誌もあります。また、インターネットで探すこともできます。その中で最も簡単なものは、インターネットです。誰でもできる仕事である以上、誰でも辞めてしまう仕事でもあります。まずはインターネットの地図検索機能で、家の近所にある施設を探してみてください。通勤時間が短いことが最も儲かる手段です。どんな施設でも、電話をして、「雇ってくれ」と言えば、雇ってしまう現状にあります。飛び込みで電話しても違和感のない仕事であるのです。「今は人を雇える状況でしょうか」それだけ訊ければ大丈夫です。まずは施設を探すことです。近所にある施設で定着できれば、それ以上のことはありません。

介護の求人はどのくらいの需要か

介護は常に人手不足な現場です。ロボットや外国人で補おうという動きも出ていますが、どの国でもそれは失敗しています。例えば医療大国である北欧などでは、莫大な介護予算を低賃金の移民で補おうという試みをしています。その結果は失敗です。移民の犯罪によって差別が悪化して、国民の幸福度は下がっています。社会福祉が整った半社会主義のような国家が理想だと、メディアは報じていますが、それは嘘です。やはり、介護をして貰う以上、最低限、言葉は通じて欲しい。それは、当たり前の心理ではないでしょうか。ただでさえ、認知症の人は日本語でも通じないことがあります。その上、日本語ができないとなれば、ロボットや移民の需要はありません。つまり、介護の求人は永遠に安泰なのです。介護の求人がなくなることはありません。

介護の求人で知っておく豆知識について

自分の近所にどんな形態の施設があるのか知っておくことが必要です。しかし、介護の求人ならばどんな介護施設でも通じるかと言うとそうではありません。介護には様々な形態があります。例えば、特別老人ホームです。これは仕事はきついです。介護の求人の中でも最もきついです。しかし、最も技術が身に付きます。逆に最も技術が身につかないと言われているのが、グループホームです。これは、認知症の人が共同で生活していこうという施設であり、身体障碍者が主な介護の世界では、異質であり、技術が身に付きません。ただ、比較的楽な現場であると一般的には言われています。自分に合ったニーズの施設を選ぶことが大切です。自分の技術を生かせる施設をまず見つけることが、介護の求人を見分ける技術なのです。